Elecrowに発注したプリント基板が不良品だったのでTwitterで愚痴ったらポイントもらった話

タイトルで既にオチてますが。
少し前に記事でプリント基板を発注したとお伝えしました。

速攻で届いたので、すごく嬉しかったのですが開けてみると全部不良品でしたorz
シルクが全部かすれているという不良でした。
その他は問題ないのですが。

スポンサーリンク

一番ひどかったのはこれですね。
不良基板
「Data Acquisition Shield for HONDA BEAT」と書いていたのですが、半分ほどかすれてました。
細すぎたんでしょうか。
あまり影響がない箇所でしたのでそんなに気にしてなかったのですが、「ネタになる」と思いTwitterで「こんな不良品が来たよ」と写真と一緒にツイートしました。

これだけではElecrowで発注したとは言っていませんが、その直前に「Elecrow」と言っていたので、そこから勘付かれたのかと思います。

しばらくすると、Elecrowから「もう一度やり直すか、返金の対応をしたい」とダイレクトメッセージが来ました。
たどたどしい日本語でしたけどね。

今回は試作だったので注文番号を教えて「返金」をお願いすると、「ポイントで返金してもいいですか」と連絡があり、それにOKするとすぐにポイントが入りました。
メールでやり取りせず、なぜかTwitterで本人確認もせず処理されました。

基板に問題があればメールしてもいいですけど、とりえずTwitterで愚痴ってみましょう(笑)
もしかしたらそのツイートを拾ってくれて対応してくれるかもしれませんよ。


最近はElecrowの品質が落ちているみたいです。(よく耳にします)
繁盛していて忙しいのでしょうか・・・
FusionPCBよりは、と考えてElecrowにしているのですが。
安いのであまり品質を求めていませんし、いいんですけどね。

スポンサーリンク

Leave a Comment