DE0-Nanoを買ってみた

少しFPGAに興味があって形から入ろうと買ってみました。
ちなみにデジキーで買いました。
買う側からしたら円高ってやっぱりいいですねwww

スポンサーリンク

DE0-Nano 箱
箱にはドラゴンが載っていてかっこいい感じ。
DE0-Nanoは本当に小さく、Arduinoと同じぐらいの大きさで驚きました。
DE0-Nano
それでいて高密度な基板なので、個人的にはとても好きです。

箱の中身はDE0-Nano本体、CD×2、USBケーブル(A-miniB)、その他説明書など。
「SYTEM CD-ROM」というCDはFPGAがすぐに遊べるようなソフトやシステムの設定ができるソフトなどが入ってました。
もう1枚のはQuartus IIなんかをインストールするDVDでした。

とりあえず付属のマニュアルを読みながら、ググりながらVHDLでANDゲートやFFを書いてみました。
ここまでに2, 3時間かかりましたよ(‘A`
やっぱ本買ったほうがいいかな・・・
ちゃんと動いた時は感動しました、こんなにしょぼい回路でも。
なぜVHDLかというと学校で後々使うみたいなんです、おそらくですけどね。
Verilog HDLっていうのも勉強したいけどそれは後でいいや。

その後電源を切ってもDE0-Nanoのプログラムが消えないようにする方法も覚えてその日は限界です。
ちなみにそれから1回も触ってません(´・ω・`)
このままでは積み基板化しそうです・・・
でもまずVHDLやVerilog HDL覚えないと話にならないんで、それからですね。
とりあえず今の目標は液晶買ってDE0-Nanoデジタルフォトフレームみたいなのを作ることかな・・・
作るだけなら簡単ですけど理解するのが難しそうなので。
これからは忙しくなりそうだけどこちらの方も頑張りたいと思います。

スポンサーリンク

Leave a Comment