TM1637という7セグLEDドライバ

aitendoにTM1637という7セグLEDドライバが売っていて気になったので買ってみました。

7セグ+DPを6桁まで制御できるICです。
1個100円、ちょっと高い印象ですけどね。

スポンサーリンク

似たようなICではMAX7219というのがありますね。
あちらは8桁ですしSPIで制御できるので更にいいかもしれませんが国内だとちょいと高めです。
海外だと1個50円以下になるようですが。

それを言ったらTM1637は30円以下とかになるのですが・・・

TM1637は2-wireというSPIに似たちょっと特殊な制御でして、リファレンスをしっかり読まないと制御が難しいと思います。
と言ってもやはりArduinoではライブラリとしてありましたので、それを使うことにします。

また制御対象はアノードコモンの7セグLED限定なので注意が必要です。
カソードコモンを制御をしようとするならば出力をトランジスタとかで反転したらいけるかもしれませんが・・・

とりあえずサンプルの回路を作って、実際に動かしてみました。
TM1637 LED制御テスト
millis関数で起動してからの秒数(ms)を表示しています。
結構高速でもいけますが、1msとかで更新すると下二桁が速すぎて「8」にしか見えません。

抵抗なし+明るさ制御可能なのはすごく楽でいいです。
ブランキング時間を考慮するなども必要ないです。
使ったライブラリでは数値を桁ごとに分解する必要もなく、スマートに制御できました。

またこのICを応用すれば、このIC1つで48個のLEDを制御できることになります。
そう考えると7セグ以外でも使えるかもしれませねんね。

スポンサーリンク

Leave a Comment