Google Chrome 41でMacTypeが色々おかしくなった件

Google ChromeがVer.41に更新されました。
今回の更新で、なんとUI部分にもデフォルトでDirectWriteが適用されるようになりました。
これでまたMacTypeが効かなくなりました、UIだけですが・・・。
さらに一部の文字が描画されず、そのままでは使えない状態に陥ってしまいました。

スポンサーリンク

UI部分にもMacTypeを適用させる

以前DirectWriteが適用された時は、アドレス欄に「chrome://flags」と入力して「DirectWrite を無効にする」を「有効」にすることで解決してました。
しかし今回はそれでは解決しないようです。

解決するにはGoogle Chromeのショートカットに起動オプションを付けることになります。
そのプロパティでリンク先に「–disable-directwrite-for-ui」というパラメータを付加すれば、UI部分のDirectWriteを無効化できます。

chromeプロパティウィンドウ
上のようなウィンドウで「リンク先」にパラメータを追加します。

"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --disable-directwrite-for-ui

これは64bit用ですが、32bitであれば「Program Files (x86)」は「Program Files」になります。

一部の文字が欠けているのを直す

こちらは「chrome://flags」で

  • 「GPU のラスター化を有効にする」を「無効」に設定
  • 「ワンコピー ラスタライザを有効にする」を「無効」に設定

という風に2つを設定する必要があります。

GPU のラスター化を有効にする
ワンコピー ラスタライザを有効にする


どんどんMacTypeが使えない状況へ更新されていくこの状況・・・
どうにかしてくれませんかねぇ。

スポンサーリンク

Leave a Comment