ATmega328PBがうまく動かない

No Image

ATmega328Pの強化版であるATmega328PBを入手して動かそうと頑張っているのですが、思い通りに動いてくれません。
せっかく買ったのに・・・

ATmega328PBがうまく動かない

スポンサーリンク

Arduinoのような感じで部品を結構実装しちゃったのに動かないなんてorz
ATmega328PB 実験基板

クロック周波数が強制的に1MHzになってしまっているようで、Lチカですら秒数がおかしいのが現状です。
ATmega328PBにはCFD (Clock Failure Detection) という機能がありクロックの不具合を検出するとクロックが1MHzになるようなのです。
多分それに引っかかっているのかと思うのですが、原因がつかめず実験が停滞中。

そもそもICが壊れていたり・・・ってことはないと思うんですけど。
どうにか動かして今後置き換えられるようにしたいなと思います。

ATmega328PBがうまく動かない

スポンサーリンク

Leave a Comment

  • 2017/11/30

    その後どうされましたか? 私の場合は、拡張ヒューズバイトでCFD機能OFFに設定して問題なく使えていましたが・・・
    メーカー側もこの問題を認識していたらしく、半年ぐらい市場から328PBが消えていたと思ったら、障害を直していたようで、リビジョンが新しくなってようやく市場に出てきました。データーシートも以前のはレジスタ名等かなりいいかげんでしたがこれらも修正されています。
    機能が大幅に増えているのに価格が安いので今後はこれだけでいろいろ使えそうで楽しみです。

    Reply