iTunes12のフォントを変更する

iTunes12が少し前に出たのでアップデートしてみました。
アイコンが赤くなったり、フラットデザインが採用されたり、時代の流れですな・・・
それはまぁいいんですけどプレイリストなどの日本語のフォントが汚くなりました。

スポンサーリンク

フォントがひどい
なにこれひどい。

私はMacTypeを使ってるので綺麗になるはずなのですがなぜか汚いんです。
あと、歌詞がなぜか斜体で個人的に見づらくなりました。
というわけでiTunesのフォントを変更して綺麗にしてみました。

フォントを変更する

まず、以下のファイルを開きます。

iTunesのインストール先/iTunes.Resources/ja.lproj/TextStyles.plist

デフォルト(32bit)であれば、インストール先はC:\Program Files\iTunesのはずです。

一応バックアップ取ってその中にあるフォント名を変更します。
デフォルトは”Segoe UI”と”Segoe UI Semibold”になっているみたいです。
これが原因みたいなので、ざっくり全部変更します。
変更するときはiTunesを閉じてからにしてくださいね。

とりあえず「すべて置換」が使えるテキストエディタ(私はNotepad++を使っています)でTextStyles.plistを開きます。
そして”Segoe UI”を”Meiryo UI”に、”Semibold”を”Bold”に全部置換します。
300ヶ所以上変更しないとダメなので置換できないテキストエディタだとしんどいと思います。

変更した後、起動するとこんな感じになります。
アンチエイリアスが効いたフォント
綺麗なフォントで日本語が表示されました。

比較するとこんな感じです。
比較
一目瞭然ですね。

歌詞の斜体を直す

これも同じファイルを修正します。
修正箇所は3700行目くらいです。
下記はフォント変更前なので”Segoe UI”になっています。

<dict>
  <key>- loc hint -</key>
  <string>info panel details lyrics</string>
  <key>font</key>
  <string>Segoe UI</string>
  <key>italic</key>
  <true/>
  <key>size</key>
  <integer>12</integer>
</dict>

赤字の部分を消します。
そうすると歌詞は斜体ではなくなります。
また個人的にフォントも大きいと思っていたので青字の数値を”10″にしました。


これでiTunesが見るに堪えないことはなくなりました。
アップデートしたら、また書き換えないと行けないのが面倒ですけどね。

スポンサーリンク

Leave a Comment