代わりがいない仕事

No Image

1回つぶれたこともあり、ちょっとは仕事の負荷を小さくしてくれるかなあと思ったらそんなことなく、拍車を掛けるように人が少なくなりました。
誰も仕事の内容について深く分かってくれない現状・・・

代わりがいない仕事

スポンサーリンク

私が受け持つ仕事は私以外にはできません、代わりがいないのです。
代わりがいないというのは一見いいようにも聞こえますが、当事者は最悪の状況であることが分かりました。
休んだらその分遅れることにつながりますから、休みづらくなりました。
さらに納期も詰めてくるので残業+休出は当たり前になってきています。

さらに誰も分からないので相談もできません。
「遅れそう」くらいなら言えますけどね。
「こうだから」と言っても相手は「?」です。
1人でやっているので、どうしても他の人からすればわかりにくいものになっている可能性もあります。
まぁ現状誰もわかってないので「わかりやすい」「わかりにくい」はないですが。

言い換えれば、ある程度自分の好き勝手にできています。
そういうところを心底楽しんでる自分もいます。
環境を整備すれば最高の仕事になりそうな気もします。

代わりがいない仕事

スポンサーリンク

Leave a Comment