リフローオーブンを自作しました

No Image

居ても立ってもいられず、リフロー装置を自作してしまおうという発想に至ってしまいました。
といってもこういう装置は知識がなければ、完全自作は難しいです。
そこでスイッチサイエンスさんが公開しているオーブントースターをリフローオーブン化する記事を参考にして作ってみました。
キットがまだ売っていたらよかったのですけれど、なかったのでハードウェアはほぼ自作になりました。

リフローオーブンを自作しました

スポンサーリンク

スイッチサイエンスの記事ではPanasonicのNT-W50-Sというオーブントースターを使っているようですが、私はその後継機種であるNT-T500-Kを使いました。
改造するオーブン
こちらも上下にヒーターが付いていて1300Wの高火力です。
オーブンにしてはちょっと高級品です。
もったいない気もしますが、一度も使わず改造します。

改造と言っても外装を開けて、ヒーターの線を外してSSRを割り込ませるだけです。
電線を割り込み
1.25sq程度の125℃耐熱電線を使いましたが、ガラス編組チューブがあればもっといいと思います。
簡単だと思ってたんですが、ほぼすべてのネジがタッピングネジなので再固定は苦労しました。
全部普通のネジを使っていてほしかったです...

改造が終われば今度はコントローラの製作です。
これもスイッチサイエンスの製品である「リフロートースターコントローラーキット」の回路を真似します。

もう売っていませんので参考にして作るしかありません。
大きな部品としてArduinoとSSR2つと20x4のキャラクタLCDとK型熱電対の温度センサが最低限必要です。
あとはブザーとかスイッチ2つ(開始・リセット用)ですね。
LCDは秋月で、熱電対と温度センサはスイッチサイエンスで調達しました。
制御の電源電圧は5Vにしました。
3.3VだとSSRが不安定になるみたいです。

プログラムも掲載されているものをほぼそのまま使いました。
初期の温度プロファイルでは少し熱しすぎな感じでしたので、225℃での保温を100秒から15秒に短くして使っています。

で、色々とすっ飛ばしますがリフローオーブンの完成です。
自作リフローオーブン
オーブン上部はヒーターが近くて結構熱くなるのですが、要所要所に断熱シートを敷いているのでなんとかしのいでいます。
上に置いたほうがスペース的に有利なんですよ...
SSRもでかいヒートシンクを付けていますので熱は全然問題なさそうです。

あとWi-Fiでデータを飛ばすようにしました。
特に意味はなさそうですが、付加価値みたいな?
Blynkで表示
Blynkでちゃちゃっと実装(?)です。
Wi-Fiを使えるようにするためにわざわざESP8266を搭載しています、それだけのために。

基板を焼く
カッティングマシンでステンシルをつくってはんだペーストを基板にプリントし、部品を置いてオーブンでリフロー!
手ハンダするより苦労しないので非常に楽です。

特にピッチが細かいICの実装はリフローオーブンを導入したことで大きく効率化できました。
はんだ付けで目が疲れることが少なくなりましたし、肩こりも軽減されました。
リフロー装置の導入はいいことずくめですね。

リフローオーブンを自作しました

スポンサーリンク

Leave a Comment