またニキシー管を買いました(IN-14, IN-19A)

またニキシー管を買いました(IN-14, IN-19A)

またニキシー管を使った工作を始めます。
なぜかニキシー管関係はいつも以上に楽しいんです。
時計はもう作っていますので、今度は温度計でも作ろうかなと考えています。

またニキシー管を買いました(IN-14, IN-19A)

スポンサーリンク

ニキシー管はebayで買いました。
ebayとかAliexpressで買うことを覚えると、急がなければどうしてもそっちで買ってしまいます。

IN-14は勢いで6本買いました。
温度計だったら2本くらいでいいと思ったんですけどね。
IN-14 6本
使ってないけど点灯のテストはしてるっぽいものを買いました。

6本で送料込みで3500円ほどです、驚くほど安い。

ニキシー管時計で使ったIN-16と比べると結構違います。
比較
IN-14で時計作ると、どでかい物になりそうですね。

早速点灯させてみると、何故か感動してしまいます。
点灯
大きいとそれだけでいいですね。

温度計なので「℃」の表示が必要です。
そこでIN-14と大きさが同じで記号が表示できるIN-19Aというものを買いました。
というよりIN-19Aに合わせてIN-14を買ったという方が正しいです。
IN-16サイズで記号表示管があれば、多分そっちを買ってるような気がします。
また、記号違いでIN-19BやIN-19Vがあります。
IN-19Aなら「%」もありますので湿度表示もできそうです。

こちら、1本260円ほどです。(送料別)
思い切って3本も買いましたけどwww

あとニキシー管ドライバ(74141)もなかったので買いました。
互換品でよく見るK155ID1というもの頼んだのですが、届いたのはなんとKM155ID1というセラミックパッケージのものでした。
動作保証温度範囲が広いだけで他は同じなんですけどね。
なぜかKM155ID1
見慣れない色だったのでちょっとびっくりしました。
古いデバイスなので取っておきたい気持ちもあります。


ちなみにニキシー管温度計の制御基板の方は大体出来上がっています。
最近回路も書かず進めちゃう悪い癖が・・・
プログラムはまだですけど。

元々こういうのはロシアだと思っていたんですけど、全部ウクライナからの発送でした。
まだウクライナにはいっぱいあるんでしょうか。

またニキシー管を買いました(IN-14, IN-19A)

スポンサーリンク

Leave a Comment