ニキシー管時計のケース検討

No Image

ようやく完成したニキシー管時計ですが、今は基板むき出し状態です。
低電圧なら基板むき出しでもいいんですが、ニキシー管時計となると200Vなわけで基板むき出しはとっても危険です。
現に私、感電してやけどしました(ノ∀`)タハー

ニキシー管時計のケース検討

スポンサーリンク

それにホコリとかでも絶縁不良を起こすっぽくて無視できなかったり・・・
というわけでケースに入れるのは決定事項になりました。

最初は安上がりでいいかなと思って、ダイソーでプラスチック製のコレクションケースを買ってみたんですが、ギリギリ入らないしちょっと土台削りたいけど削る工具もないしということで諦めました。

というわけで(?)多くの人がやっているアクリルケースにすることにしました。
アクリルケースはセミオーダーでも結構安くてびっくりました。
加工なしだと2000円くらいで買えるんですね・・・
穴は自分で開けることにしました。
といっても開けるのはDCジャックの穴にするつもりです。

もう注文して1週間ぐらいで届くのでその時が楽しみです。
加工に失敗しなければいいんですけどね。
基板の加工が正確ならケースは加工してもらったほうがいいと思うんですけど、何かとアバウトなので仕方ないといえば仕方ないですね(´・ω・`)

ニキシー管時計のケース検討

スポンサーリンク

Leave a Comment