Windows7でインストールできなくて困ったら

No Image

Windows7にソフトウェアをインストールしようとしたらこんなメッセージが表示されました。
There is a problem with this Windows Installer package.
A DLL required for this install to complete could not be run.
Contact your support personnel or package vendor.

Windows7でインストールできなくて困ったら

スポンサーリンク

There is a problem
超簡単に訳すとインストーラーに問題があるらしいのです。
ググってみるとWindowsインストーラーを修復すれば直るよ!とか書いていますが、直りません。

そればかりではありません、Javaで作られたソフトウェア全部が動かないじゃありませんか。
管理者として起動すればそこはなんとかなるのですが、インストーラーはそれでもやっぱりだめです。
解決法がなかなか見つからなくて諦めてかけていましたが、ようやく見つかりました。

これはTempフォルダのアクセス権がなくなった時に起こる現象のようです。
さっそくTempフォルダのアクセス権を修正すると、すんなりインストールできるし、色々起動できるようになりました。

アクセス権を与えるためには、まず、C:\Users\ユーザー名\AppData\Local に移動して、そこにあるTempフォルダを右クリックしてメニューを出します。
移動方法はそのまま潜ってもいいですし、エクスプローラのアドレスバー(?)に「%TEMP%」と記入しても移動できます。
右クリックメニューの[プロパティ]をクリックすると次のようなウィンドウが出てくると思います。
Tempのプロパティ
ここで[編集(E)...]を押します。
すると、次のようなウィンドウがでてきます。
Tempのアクセス許可
Everyoneを選択し、フルコントロールの許可にチェックを入れて[OK]を押せばアクセス権を与えることができます。

しかし、しばらくするとなぜかまたアクセス権がなくなってしまいます。
これは私だけの症状っぽいのですが・・・
毎回アクセス権を与えるためにTempフォルダまで行ってこの行為をするのは面倒くさいです。
そこでコマンドプロンプトとかバッチファイルでぱぱっと終わらしてしまいます。

cacls %TEMP% /e /c /g everyone:f

一行だけで作業を終わらせることができるので結構便利です。
私はこれを書いたバッチファイルを作っています。

Windows7でインストールできなくて困ったら

スポンサーリンク

Leave a Comment