S2000用メータをBEATにつけるための変換器製作

S2000からBEATへ

以前から作っていたんですが、ようやく完成にこぎつけました。
公開の許可をもらいましたのでここで紹介します。
すごくマニアックなものですのでタイトルだけでは伝わらないかもしれません。

S2000用メータをBEATにつけるための変換器製作

スポンサーリンク

S2000とBEATはどちらもホンダの自動車です。
S2000は1999年に発売されたスポーツカー、BEATは1991年に発売されたオープン2シーターの軽自動車です。
私は自動車には疎いのでこういう依頼を受けてから知ったんですがね。

今年の6月頃に当サイトに「S2000のメータをBEATにつけるための変換器を作って欲しい」と依頼の問い合わせがあり、それを引き受けて作っておりました。
変換器だけでなく、メータとハーネスとの配線もしましたよ。
メーターはその自動車専用に作られていますので、直付してもうまく動作しません。
そこでBEAT車体から出力された情報をもとに、S2000用の情報に変換してあげる変換器を挟んで正しい情報をメーターに表示させる必要があります。
スピードとタコは変換器が売られているようですが、燃料と水温に関しては売られてないようなのでそういうのを少しブログに書いていた私のところに依頼がきました。

その変換器が5ヶ月経った今になってようやく完成しまして、遅すぎて普通だったら怒られますよ。
本当にすみません、優しい人でよかったです・・・

そんなS2000のメーターはこんなやつです。
S2000メーター 日中
周りを暗くすると結構きれいなんですよ、ヘッドライト入れると暗くなっちゃうんですけど。
S2000メーター 暗所
これは実験中の写真ですので、回転数とスピードは独立しています。

作業自体は基板の製作とハーネスとの結線をしました。
BEAT用ハーネスとの配線
こんな写真しか残ってないんですけども。
依頼主さんがS2000メータ用のコネクタも準備してくれたので、比較的楽に作業することができました。

依頼主さん用に限定公開したテスト用動画をここで公開します。

今は依頼主さんに試乗テストをしてもらっています。
長い間調整していたのでなんとかうまいこといきますように・・・

S2000用メータをBEATにつけるための変換器製作

スポンサーリンク

Leave a Comment