キーボードやマウスが動かなくなる更新プログラム(KB4074588)

No Image

デバイスマネージャをふと見たとき、「ほかのデバイス」のところにいろんなデバイスが入ってしまっていて何だこれ状態になりました。
マウスやキーボード、USB-DAC や Arduino Leonardo などがそこに入っていまして、「急にUSBポート死んだのか?」と思ってキーボードのデバイスを1回アンインストールしてみたら、使えなくなるという。
違うキーボードを挿してみても使えなくて詰んでいたのですが、スマホで調べてみるとどうやらWindows10の更新プログラムが悪いみたいでした。

キーボードやマウスが動かなくなる更新プログラム(KB4074588)

スポンサーリンク

KB4074588という更新プログラムで適用するとinput.infというファイルがなくなってしまうそうです。
非常に質の悪い更新プログラムですね・・・
input.infは「ヒューマンインタフェースデバイス」に分類される「USB入力デバイス」のドライバです。
基本的にはマウスやキーボードが当てはまります。

なにかおかしいとシステムの復元をしてみるも、私のPCは他のところがおかしいらしくなぜか失敗して戻せませんでした。
現状でどうにか修正できないかと探していると更新プログラムがおかしいということに行き着きました。

私は当初、どのドライバが壊れたかわからなかったので正常なPCからドライバファイルを片っ端から持ってきてドライバを移したりしてました。
そのままドライバをインストールしようとすると標準ドライバなのに署名なしと扱われインストールが面倒だったりしました。

ネット上で困っている人はたくさんいるようでよかった(?)ですが、手っ取り早いのは更新プログラムをアンインストールすることです。
するとあっさり直ったのでしばらく更新プログラムは適用しないようにしました。
Microsoftが早く修正プログラムを出してくれることを祈ります。

キーボードやマウスが動かなくなる更新プログラム(KB4074588)

スポンサーリンク

Leave a Comment