ニキシー管の不良率が高くて困る

No Image

ニキシー管時計に不可欠なニキシー管は、非常に古いデバイスですので新品であっても壊れていることがあります。
長期保存していますのでどうしても避けられないですが、思っているより不良率が高いという。

ニキシー管の不良率が高くて困る

スポンサーリンク

ニキシー管は基本的にebayで購入しています。
ロシア製が多く、ウクライナやハンガリーなどの国から送られてきます。
基本的にNOS (New Old Stock)のものを注文していますが、輸送中の振動による故障もあるでしょう。
動作確認済のものでも短時間の点灯では不良がわからないことがあるらしく、やっかいです。

時計を作るために6個買うと、今のところですが、高い確率で1個は不良品です。
古いデバイスですので出品者を攻めるのはなんか違う気がしますし、また何個か頼む羽目になります。

不良品をつかんでも、なんだかもったいなくてためています。
壊れたニキシー管
すでに結構な量の不良品があるという。
「何かに使えないかな」と持ち続けていますが、使う日は来るのでしょうか・・・

不良が多い対策として最近は8~10個程度頼むようにしています。
1,2個の不良品があっても問題ないようにするためです。
そのせいでコストはかさんでしまうのでつらいところはありますが、古いデバイスを使う宿命です。
誰かIN-16に置き換わる新しいニキシー管を製造してくれないでしょうか(笑)


話は変わりますが、私が作っているニキシー管時計に使っている「IN-16」は小型で"5"が"2"の反転ではないので見た目もいいです。
ちなみに一回り大きいですが、比較的安価な「IN-14」というニキシー管は"5"が"2"の反転になっています。
「IN-14」の"5"が気になるなら「IN-8-2」というニキシー管もありですよ。

ニキシー管の不良率が高くて困る

スポンサーリンク

Leave a Comment