アナログメータ時計

アナログメータ時計
アナログメータを見てたら、「これ時計にできるんじゃね?」って思いついて探してみたら結構出てきたので実際に作ってみました。

しばらく使っていなかった 2D CAD (Draft Sight) を使ったら思ったより覚えてて自分でもびっくりしました。
と言ってもアクリル板を加工するだけだなので立体をほとんど考える必要が無いので設計としては楽です。

製作の詳細は別記事に掲載しているので、そちらをご覧ください。

65C5とか62T2というタイプのアナログメータがレトロ風でいい感じだと思いますが、入手性が悪いですね。
62T2タイプ アナログメータ
上の写真は電流計ですが探したら電圧計もあります。

あとは6C2というタイプのアナログメータを使ってみても面白いかもしれませんね。
6C2タイプ アナログメータ
可読性はより低くなりそうですが、ありといえばありです。

連続的な動作は考えようとしましたが、処理が思ったより面倒になりそうなのでやめました。


みなさんもオリジナルのメーター時計を作ってみてはいかがでしょうか。
電子工作の時計の中でも比較的簡単につくれる時計だと思います。
おそらく7セグで時計を作るより簡単なんじゃないですかね。

アナログメータ時計

スポンサーリンク

Leave a Comment